プレフェミン 副作用

PMS治療薬のプレフェミンには副作用がある?

PMS治療薬のプレフェミンには副作用があるのでしょうか?

 

PMSで悩んでいる女性は多いです。

 

 

ですから、婦人科でお薬を処方してもらったり、
薬局やドラッグストアで、お薬を買ったりして、
PMS対策をしている女性もたくさんいます。

 

薬局やドラッグストアで買えるPMS治療薬と言えば、
プレフェミンがあります。

 

このプレフェミンは、
市販薬としては日本で初めて販売されたPMS治療薬です。

 

辛いPMSに悩む人にとって、
救世主的存在でもあるのですが、
副作用として、

 

・太る
・発疹が出る
・皮膚が赤くなる
・痒みがでる

 

というような声が多く上がっているようです。

 

 

体質的に、大丈夫な人もいますし、
副作用が出てしまう人もいます。

 

お薬ですから、このような症状が出るのは仕方がないことなのですが、
体重管理に気をつけたり、症状がひどい場合は、使用を止めるなどの判断をしてください。

 

 

 

副作用なく、PMSを改善したいと思ったとき、
女性のミカタを試してみると良いと思います。

 

女性のミカタはお薬ではなく、
ハーブを主成分としたサプリメントなので、
副作用の心配はありません。

 

また、今なら、公式サイトで、
半額以下で始めることができるキャンペーンを行っています。

 

PMSに悩んでいるなら、
まずは女性のミカタの公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

 

>>女性のミカタの詳細はこちら

妊娠中・授乳中の方は注意!

PMS(月経前症候群)を対策するお薬やサプリメントが、
最近話題になっていますよね。

 

「PMSは、お薬で治ります!」と言うように、
薬局やドラッグストアなどでも、
PMSに対処するお薬なども販売されています。

 

 

でも、お薬ってちょっと心配ですよね。

 

副作用とかあるんじゃないの?

 

もし効果があったら、毎回飲みたくなってしまうと思うけど、
毎月飲み続けて大丈夫なの?
と、不安になってしまいます。

 

そんなときに、試してみたいのが「女性のミカタ」と言うサプリメントです。

 

実際に、飲んでいる人の多くは、
生理前から生理中の辛い症状が改善された!
と言うように、うれしい報告をしています。

 

また、女性のミカタは、副作用などの心配がないので、
安心して飲むことができるといわれています。

 

 

ですが、妊娠中・授乳中の方は注意が必要です。

 

このサプリメントは、女性ホルモンのバランスを整えて、
PMSを改善しようとするものです。

 

つまり、女性ホルモンに作用するものです。

 

ですから、妊娠中の方や授乳中の方は、
女性のミカタの使用は、控えるようにしてくださいね。

 

もし、授乳中にPMSが辛いという時は、
産婦人科で相談してみると良いでしょう。

 

 

サイトトップページへ

 

ホーム RSS購読 サイトマップ